14本を使いこなす!ゴルフクラブフルセット活用術

フルセットを使いこなす

フルセットを使いこなす

ウッドにアイアン、ウェッジにパターとゴルフ場に持参するクラブセットにはいろいろな種類のクラブが揃っています。コースで実際に使用できるのは自分で持ち込んだ14本のみですから厳選に厳選を重ねてクラブ選びを行うのが普通ですが、14本のフルセットをすべて使いこなしているプレイヤーは少数派です。

多くのプレーヤーはフルセットの中でも使うクラブが決まっており、中にはラウンド中に一回も使わない倶楽部があるというケースも珍しくありません。使い慣れたクラブを優先的に使用するのは間違った選択ではありませんが、せっかくフルセットを持ち込んでいるのですから全てのクラブの能力を引き出して使いこなせなければ無駄な荷物が増えるだけになってしまいます。

ゴルフクラブは全て異なる特徴や個性を持っています。似たような形状のクラブでも種類が違う以上使う場面や最適な使用方法は変わってきます。別のクラブで代用することも可能ですが、クラブ選びで最適な1本を選べるようになれば無理なくプレーできるようになりスコアも上昇します。

苦手意識を払拭し多彩なクラブを使いこなす技術を身につけよう

苦手意識を払拭し多彩なクラブを使いこなす技術を身につけよう

扱うのが苦手なクラブがある方はスクールやゴルフレッスンに参加して特定のクラブの使い方についてプロの指導を受けるのも有効です。きちんとした指導を受けることで苦手意識は払拭されますし、近しいクラブの扱いについても技術的な向上が望めます。

池袋などの都心にはビジネスマンでも通いやすいゴルフスクールがいくつも開かれています。スイングレッスン中心のスクールは練習場のように広い面積を必要としないため、ビルの一室など限られたスペースを教室にしてレッスンを行っています。ビルの上層階を中心として、池袋にもゴルフスクールがあるので興味をお持ちの方はチェックしてみてください。

クラブの選択次第で未熟な技術をカバーすることも可能ですから、使い慣れたクラブばかり選ばずに色々なクラブを使いこなせるようになりましょう。

基礎的な技術さえ身につけておけば、近しいクラブを使いこなすのは難しくありません。特定のクラブばかり使い続けていると心理的に苦手なクラブを作ってしまう結果になりますから、なるべくまんべんなくクラブを選び苦手意識を作らないようにプレーしてください。

クラブ選びはゴルフ最大の特徴

クラブ選びはゴルフ最大の特徴

ゴルフ最大の特徴は、ショットに使用するクラブをその都度プレーヤーが選択できるという点にあります。

他のスポーツでもプレーヤーが使用する道具を選択できるのは珍しくないルールですが、14本種類もの道具を状況に応じて使い分けるスポーツは他にありません。14種類のバットや14種類のラケットをプレーのたびに使い分けるということはなく、ゴルフというスポーツ最大のポイントとなっています。

選択肢が多いということはそれだけ多彩な状況に対する対応力が要求されているということでもあります。クラブ選択のミスはスコアに大きく影響してしまいます。状況に応じて最適のクラブを選ぶためにも、クラブごとの特徴と選び方のコツを知っておきましょう。

どんな場面でどのクラブを選択するべきか、というのは非常に難しい問題です。コースセッティングによっても最適の選択肢は異なりますし、その日のコンディションによっては良いと思った選択が大きな失敗になる可能性もあります。

クラブを販売しているショップで使い方のコツや使用する場面についての情報をもらうのも有効です。池袋などにある大型ゴルフショップにはクラブ選択をサポートしてくれる専門スタッフが存在します。飛距離や球筋、振りやすさなどクラブの特徴についてはもちろんどんな時に使用すればよいのかのアドバイスも貰えますから、クラブ活用の参考になる情報をたくさん集めてフルセット活用に役立ててください。

ゴルフ用品メーカーが開催するイベントへの参加もおすすめです。池袋など人が集まる繁華街の催事場などで開催されるイベントでは、無料で色々なクラブを試せる機会もたくさん得られます。色々なクラブに触れる良いチャンスなので、機会があれば積極的に足を運んでみてください。

クラブの特徴と選び方:ウッド

クラブの特徴と選び方:ウッド

主にティーショットで用いられるウッドは、飛距離とコントロールを基準に選ぶのが基本です。最も飛距離が稼げるドライバーを筆頭に番手が大きくなるほど飛距離が短くなりますが、その分安定性とコントロールはアップします。

ティーショットといえばドライバー、などととにかく飛ばすことばかりを考える人は少なくありませんがコースの状況によってはあえて飛距離を稼がないという選択肢もあります。フェアウェイを確実に捉えたい、バンカーや林だけは絶対に避けたいという時はスプーンやバフィーなどを選び確実に刻んで進めるショットを心がけましょう。

ウッドはクラブヘッドが重く、非力なプレーヤーが使用しても十分なヘッドスピードが生み出せずショットが不安定になりがちです。初心者のうちはあえてドライバーを封印し、比較的扱いやすい3、4、5番のウッドをメインに使用するのもひとつの選択肢です。

使いこなせないのにドライバーを無理に使用してもティーショットが崩れてしまい、スコアメイクに苦しむことになってしまいます。まずは確実に使用できるクラブを選び、ここぞという場面で飛距離を稼げるクラブを選ぶのがウッド選択のコツです。

クラブの特徴と選び方:アイアン

クラブの特徴と選び方:アイアン

アイアンはフルセットの中で最も種類の多いクラブです。隣り合う番手のクラブは性質が似ているため選択を迷いがちですが、自分の普段のスイングのくせに合わせてクラブを選択すると良いショットが打てるでしょう。

オーバー気味のショットが多いなら1つ大きな番手を選び、ショットが弱くなりがちなら1つ小さな番手を選択して飛距離をフォローしましょう。技術で飛距離を調節するのではなくクラブ自体の性能で調節してやるとスイングを変えずに上手に打球の行方をコントロールできます。

ショートホールではアイアンでティーショットを行うことも可能です。ある程度飛距離を出せるプレーヤーでないとグリーンに乗せることは難しいのですが、ウッドよりもスピンがかかりやすく珠をコントロールしやすいアイアンでティーショットを打てばピンを狙いやすく、バーディーを狙える位置にボールを運びやすくなります。思い切った攻めのゴルフをするならロングアイアンを積極的に使っていきましょう。

クラブの特徴と選び方:ウェッジ

クラブの特徴と選び方:ウェッジ

ウェッジは特定の用途に特化したクラブです。高く上げる、バンカーからのリカバリーに使用する、短いアプローチに使用するなど使用する場面に特化した形状をしているため選択で困ることはほとんどありません。ただし、使用方法や使える場面がルールで制限されているわけではないのでアイデアと使い方次第で色々と応用できるクラブでもあります。

サンドウェッジはバンカーショット以外にも長いラフからのショットやショートアプローチにも使用できますし、障害物回避にアプローチウェッジを使うという選択肢もあります。特定の性能に特化しているということは、性能をいかせるようなシチュエーションさえあればそれだけ使える場面が増えるということです。アイデアしだいでウェッジの活躍の幅は大きく広がり、コース攻略の大きな助けになるでしょう。

アプローチにパターという選択肢

アプローチにパターという選択肢

パターを使うのはグリーン上だけ、というのは誤った考えです。

グリーンそばからの高低差のないアプローチでは、ウェッジで上げるよりもパターで転がしたほうが効果的な場面が少なくありません。強めに打てばパターでもかなりの距離が稼げます。転がして寄せるのも立派な技術であり、ミスショットをした時のリスクを考えればむしろパターによるアプローチを積極的に選択するべきです。

ふわりとあげてピタリと止める華麗なアプローチショットは非常に魅力的ですが、実際にうつとなると高い難易度が要求される上にミスした時のリスクは非常に大きなものになります。見た目は地味ですが、パターで確実にアプローチをピンに寄せられるようになればグリーン攻略は格段に楽になるでしょう。

ゴルフ練習通い放題!池袋ゴルフクラブより寄稿